アパアプリ
全572ホテル 全82,587室(2020年7月2日現在)|オトクなクーポン配信中
文字サイズ

群馬旅行ならアパホテル 自然や史跡からレジャー施設まで楽しめる群馬の旅。

空室検索

群馬を旅しよう!おすすめの観光地とお土産をご紹介

群馬県は2,000m級の山々に囲まれた内陸の県です。首都圏からのアクセスが良く、鉄道や高速道路を使って東北地方や関西からも遊びに行きやすい場所です。有名な温泉や世界遺産、景観の美しい自然や趣き深い神社など、群馬を訪れたらぜひ足を伸ばして欲しい観光地をご紹介します。ゆったり大人の時間を楽しむもよし、家族みんなで賑わうもよし、定番の名所やスポット巡りに役立ててください。

草津温泉

草津温泉は昔から湯治に利用されてきました。中心部に湯畑があり、毎分4,000Lの温泉が湧き出ています。脇には総桧造りの東屋があり、足湯に手足を浸すだけでも疲れをほぐせるでしょう。源泉は50℃あります。そのため「温度を下げる」「湯を柔らかくする」ことを目的に、「草津節」を唄いながら湯もみが行われます。

地元に根付いた共同浴場や旅館、ペンションやホテルなどお好みの場所でお湯を楽しめるでしょう。図書館と資料館が併設された温泉図書館、開放感を満喫できる西の河原露天風呂などもあり、温泉街を散策しながら草津ならではのグルメを味わえます。とんぼ玉作りや湯もみ体験もできるので、思い出作りに参加しても良いかもしれません。

草津温泉

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津
電話 0279-88-0800(草津温泉観光協会)
時間 施設によって異なる
休日 施設によって異なる
公式HP https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

榛名神社

榛名神社は927年に完成した「神名帳」へも名前が記され、古くから格式の高い神社として位置付けられてきました。本堂まで700m続く参道は木々に囲まれ、凛とした清らかな空気に包まれています。境内には重厚感の漂う隋神門や武田信玄が戦勝祈願した矢立杉もあり、多くの文化財が残されています。

総欅造りの双龍門や御姿岩と一体となる本殿は見応えもあり、五穀豊穣や商売繁盛にご利益があると言われています。雨乞いの神としても知られ、ご神水に浸して文字を浮かび上がらせるおみくじが人気です。参拝を終えた参道の社屋町には、みそおでんや焼きまんじゅうのお店があり、食欲を満たしてくれるでしょう。

榛名神社

住所 群馬県高崎市榛名山町849
電話 027-374-9050(社務所)
時間 なし(祈願の受付は8:45~15:15)
休日 なし
公式HP http://www.haruna.or.jp/

桐生が岡動物園

桐生が岡動物園は、1953年に開園された桐生市が運営する動物園です。桐生が岡公園内にあり、アットホームな親しみを覚える人も多いでしょう。公立なので入園料は必要ありません。ミーアキャットや二ホンザル、インドクジャクやフンボルトペンギンなど、88種の動物が飼育されています。ヤギやヒツジと触れ合える「こどもどうぶつコーナー」では、愛らしい動物を近くで眺めることができます。

穴場スポットとしても注目され、小さなお子様連れの家族から支持されています。隣接する桐生が岡遊園地には観覧車やミニレール、サイクルモノレールやメリーゴーランドがあり、子育て支援を目的としたさまざまなイベントが開催されています。

桐生が岡動物園

住所 群馬県桐生市宮本町3-8-13
電話 0277-22-4442(代表)
時間 9:00~16:30
※積雪が認められたら、時間変更になる場合があります
休日 なし
公式HP http://www.city.kiryu.lg.jp/index.html

尾瀬ケ原

尾瀬ヶ原は本州で最大の高層湿原です。南北2Km東西6Kmに渡り、ラジオ歌謡「夏の思い出」に登場するミズバショウなど、高山植物を眺められます。尾瀬国立公園内にあり、鳩待峠から山道を1時間下った山ノ鼻が湿原のスタート地点です。傾斜が強いため、動きやすい靴を履きましょう。ウグイスやメボソムシクイなど、普段は出会えない鳥の声も耳に届くかもしれません。

山小屋への宿泊や日帰りハイキングでも、目の前に広がる美しい自然を体感できるでしょう。夕焼けに染まる尾瀬沼の幻想的な光景や、四季折々に彩られた表情を満喫してください。国の特別天然記念物に指定され、2015年ラムサール条約湿地にも登録されています。

尾瀬の郷 片品村

尾瀬ケ原

住所 群馬県利根郡片品村
電話 0278-58-3222(片品観光協会)
時間 なし
休日 なし
公式HP https://oze-katashina.info/

富岡製糸場

富岡製糸場は1872年に操業し、1987年まで日本最大の製糸工場として運営されていました。2014年「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産登録され、絹の生産技術に関わる資料や文化的価値の高い建造物が注目されています。場内は繭から糸を作る繰糸所や貯蔵庫の役割を持つ東置繭所、ボイラーや蒸気機関車が展示された蒸気釜所があり、国宝や重要文化財の貴重な建物が並んでいます。

フランス式繰糸器の実演やクラフト作り体験もできます。蚕の生態も展示されているため、興味のある人は見学すると良いでしょう。販売コーナーでは100%シルクのオーガンジーストールやコットンハンカチ、ブックカバーや名刺入れなどさまざまな絹製品を手に取れます。

画像提供 富岡市

富岡製糸場

住所 群馬県富岡市富岡1-1
電話 0274-67-0075(総合案内所)
時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日 12/29~12/31
公式HP http://www.tomioka-silk.jp/

伊香保おもちゃと人形・自動車博物館

伊香保おもちゃと人形・自動車博物館は、懐かしのおもちゃや人形を中心に展示した私設ミュージアムです。昭和レトロな町並みを再現した駄菓子屋横丁では、ハズレなしの射的もできます。世界各国から集められたテディベアやスポーツカーが展示された自動車博物館もあり、大人も童心に帰って夢中になれるでしょう。

実物大の戦車を復元したジオラマやオリジナルキューピーを作れる絵付け体験、チョコレート作りの見学も可能です。館内のカフェでは、カプチーノやコーヒーを味わえます。世界の珍しいワインやビールのボトルとラベルが展示され、ヨーロッパのオシャレな雰囲気も感じられるでしょう。

伊香保おもちゃと人形・自動車博物館

住所 群馬県北群馬郡吉岡町上野田2145水沢観音下
電話 0279-55-5020(代表)
時間 8:30~18:00(4/25~10/31)、8:30~17:00(11/1~4/24)
※入館は閉館の45分前まで
休日 なし
公式HP http://www.ikaho-omocha.jp/

こんにゃくパーク

こんにゃくパークは、工場見学や試食バイキングを無料で楽しめる施設です。低カロリーの寒天ゼリーやこんにゃくの煮物があり、健康と美容を意識した人へ嬉しいメニューになるでしょう。お土産コーナーにはこんにゃくの詰め放題があり、日替わりでさまざまな種類の商品を袋に詰められます。

果物をトッピングしたこんにゃくゼリー、白こんにゃくを色付けするカラーマジック、粉からお好みの形でこんにゃくを作る体験もあり、小学校1年生から挑戦できます。お土産としても持ち帰れますが、予約制なので気をつけましょう。朝採り野菜のフーズマーケットや足湯もあります。パーク内には写真スポットも用意され、工場見学ゾーンの撮影も可能です。

こんにゃくパーク

住所 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡204-1
電話 0274-60-4100(専用ダイヤル)
時間 9:00~18:00(入館は17:00まで)
※12/31~1/3は17:00閉館(入館は16:00まで)
※土日祝は機械を稼働させていません
休日 なし
公式HP https://konnyaku-park.com/

群馬で有名なお土産① 妙ちくりん「生クリーム大福」

妙ちくりんの生クリーム大福は、たくさんの味を楽しめます。コーヒー・ショコラ・マンゴー・モンブラン・抹茶・ラムレーズン・宇治金時・小倉・かぼちゃ・黒ごま・ブルーベリー・スイートポテトがあり、餅・餡・生クリームの3重構造で他にはない優しい食感となっています。国産のもち米を使った餅は、餡と生クリームの味わいを引き立てるふんわりした仕上がりです。

和菓子の姿をしていますが、洋菓子の風味も兼ね備えています。休憩の差し入れやおやつにも最適で、手土産としても喜ばれるでしょう。賞味期限は冷凍で1ヶ月です。解凍したら冷蔵保存し、翌日までにお召し上がりください。

群馬で有名なお土産① 妙ちくりん「生クリーム大福」

住所 群馬県伊勢崎市連取町3016-1(伊勢崎店)
電話 0120-13-4339
時間 10:00~18:00(平日)、9:00~18:00(土日祝)
休日 元旦
公式HP https://www.myoutikurin.com/

群馬で有名なお土産② まゆ菓優田島屋「まゆこもり」

まゆ菓優田島屋は、1892年に創業されました。まゆこもりには、精製された葛粉が使われています。葛粉は、江戸時代に徳川家斉公への献上品とされていました。さらに製糸業が盛んだった歴史も踏まえ、これらに由来したお菓子として誕生しています。10個入り~60個入りまであり、贈答用は上品な化粧箱へ入れて用意してもらえます。

プレーン・抹茶・生姜・桑の葉・シルクの5種類の風味を楽しめ、180日と長く日持ちするため、引き出物におすすめです。添加物は一切使われていません。黒蜜・ココア・ミルク・レモン汁などを入れ、食べる葛湯としても召し上がれます。葛は冷え性やむくみ改善にも働きかけてくれるため、女性に好評です。

群馬で有名なお土産② まゆ菓優田島屋「まゆこもり」

住所 群馬県富岡市内匠243-1(本店)
電話 0274-62-1134
時間 9:30~19:00
休日 水曜日、1/1
公式HP http://mayu-tajimaya.com/index.html

自然と文化に彩られた群馬を楽しもう

自然に恵まれた群馬には、吹雪の滝や赤城山など多くの景勝地が存在しています。高原や湖を利用したアクティビティも盛んで、山岳風景を楽しめる県境稜線トレイルには、全国から登山愛好家が集まります。「上州太田焼きそば」や「鳥めし重」、「水沢うどん」や「峠の釜めし」など、地元に愛されるご当地グルメもそろっています。産業遺産や保養地を巡れば、魅力あふれる群馬を身近に感じられるでしょう。日常生活では得られない体験を共有することで、新しい感動も生まれます。史跡からレジャー施設までおすすめの観光地をまとめているため、女子旅や家族旅行の参考にしてください。

この記事の監修

アパホテル株式会社


◯事業内容
ホテル事業 頂上戦略として都心3区(千代田区・港区・中央区)を中心に客室1万室の新規事業展開を目指し、更なるブランド強化を図ります。また、1,000万人を突破したアパカード会員を背景に、全国のネットワークを強固するとともに、くつろぎと洗練さをあわせ持つ「新都市型ホテル」や地方ホテル再生、フランチャイズ等で積極的に事業を拡大しています。

群馬エリアを満喫するアパホテル

群馬県近隣のエリアはこちら

おすすめエリアからアパホテルを探す